青色同盟
[ 青色同盟 ]

「そこの……
 ほれ、そこのあんた。
 そうそう、あんたのことだよ。
 あんたの、その青いコートすごくいいね。
 うん、すごくいい。青をよくわかっているよ。
 やっぱり青はきれいだね。一等美しい色だよね。
 おや?あんたもしかして…いや言わなくても分かるよ。
 あたしゃね、顔を見ればなんだって分かるんだ。
 あんた、医者だね?医者だろう。うん医者だ。
 やっぱりね、思ったとおりだ。うんうん。
 顔に書いてあるもの、医者だって。
 それでね、医者のあんたに
 ちょいとお願いがあるのだけれどね。
 あんたを素晴らしい医者と見込んでの話さ。
 聞いてくれるかい?聞いてくれるよね、医者だもの。
 あたしの後ろに隠れてるのは、うちの息子なんだがね。
 生まれた時はそりゃあきれいな青色だったんだが、
 最近だんだんと赤くなってきちまったのさ。
 うちの息子が赤く染まっていくんだよ?
 恐ろしいったらありゃしない!!
 赤なんて、この世で一等汚らしい色さ!
 あんたもそう思うだろう?そう思わないかい?
 見とくれよ、今じゃこんな赤褐色になっちまって……。
 これじゃあとなりのマーチンと見分けがつかなくなっちまう。
 原因不明なんだよ、なんでこうなったのか分からないのさ。
 お願いだ、青色の素晴らしさを知っているあんたなら
 あたしのこの苦しみが手に取るようにわかるだろ?
 どうかお願いだ、息子の身体を治しとくれ!」

「……すみません。
 私はサササッカ虫専門の医者なので
 ポカランクッチの病気はちょっと分かりません。」

「……そうかい。
 なら、しかたないね。
 でもね、あんた、言っておくけど、
 あたしたちゃ、ポカランクッチじゃないよ。
 外見は似ているが、心意気が全く違うんだよ。
 やつらよりも青色を大事にしているのさ。
 まあ、簡単に言えば、格が違うんだね。
 ……まあ、いいとしよう。
 引き止めて悪かったね。
 良い旅を。」

 ***

 ちんぷんかんぷん。


inserted by FC2 system